今回K保育園様では、園庭にある既存のウッドデッキ老朽化のため、耐久性に長けたウリンのウッドデッキでリニューアルしました。

●ウッドデッキ全貌

園長先生より「何度も作りかえは大変なんです」「砂場の砂が園庭に流れ出ないようにしたいのです」とのご要望があり、メンテナンスの手間要らずで高耐久のウリン材を使用し、砂がデッキ部分から外に流れ出ないよう手すり下部の側面材をデッキ床面より10㎝高くしたウッドデッキを作成しました。
※施工後、出入り口部分の立ち上がり部分には、園児に注意をうながすために「黄色のペンキ」を塗りました。

 

手すりのコーナー(角)部分は、角を取りサンドペーパーをかけ、すべすべの丸コーナーとしました。
手すりを設けた事により、『ここからは砂を持ち出さない』という子供たちへの意識付けとなり、また、砂場にボールが飛び込んでくる事もなくなり、子供たちには基地的要素にもなったようです。

 

施工後、砂を足し入れた時は、園児たちが砂場のふちのデッキ部分に座り「足湯~♪」と楽しんでいた姿がとてもかわいかったです。

子供たちが天然木のぬくもりを感じ、情緒豊かに成長していただけたらと思います。

 

●施工前

ウッドデッキのリフォーム施工前の旧ウッドデッキがこちらです。

 

リフォームの全貌は、「ウッドデッキ ビフォーアフター」のページもご覧ください!