ウッドデッキ材の天然木(ウリン、マサランデューバ、イタウバ)と人工木(P205色、P4色)が、屋外に置いた時に、どのように変化があるかを実験してみました。
特に、天然木の色がどのように変化していくのかを調べてみたいと思いました。

樹種は、下記の通りです。
・人工木(P4レンガ色)(P205焦げ茶) リブ面を上にして設置
・天然木(ウリン・マサランデューバ・イタウバ)
どちらも根太材はバツーに固定しました。

弊社事務所の南向きのベランダ(日当たり良好。ビルの上階があるのでベランダに屋根はありますが、雨風は吹き込みます)に放置しました。
あえて、掃除はしませんでした(土埃等ついたまま)。

写真を撮影したのはスマートフォンです。蛍光灯の影響やカメラの設定等で写真毎に少し色の違いがありますが、ご容赦ください。

 

実験初日

上段(人工木):左からP4色、P205色
下段(天然木):左からウリン、マサランデューバ、イタウバ

綺麗です!特に天然木は樹種毎に見た目の色の違いが良くわかります。

 

3か月後

人工木は色は変わらず。天然木は少し色あせて来ました。

上段(人工木):左からP205色、P4色
下段(天然木):左からウリン、マサランデューバ、イタウバ
※上段の人工木を初日と逆に並べてしまいました。

 

6か月後

人工木は色は変わらず(雨濡れの跡が見えます)。
天然木は、見た目でわかる樹種の違いがあいまいになってきました。

上段(人工木):左からP205色、P4色
下段(天然木):左からウリン、マサランデューバ、イタウバ

 

9か月後

人工木は色は変わらず。
天然木は、見た目でわかる樹種の違いがほぼわからなくなりました。ほぼ銀色化完了です。

上段(人工木):左からP205色、P4色
下段(天然木):左からウリン、マサランデューバ、イタウバ

 

1年後

人工木は色は変わらず。
天然木は、見た目では樹種は分かりません。完全に銀色化。

上段(人工木):左からP4色、P205色
下段(天然木):左からウリン、マサランデューバ、イタウバ

 

まとめ

最初→一年後の画像比較

人工木は色はほとんど変わらず。当初の色は長持ちする事がわかりました。
天然木は全て銀色化。樹種の違いは分からなくなりました。

経年変化だけでいうと、色を変えたくない人は人工木、色の変化を楽しめる方は天然木…となりますが、色が変わる事=悪い事ではないので、経年変化の銀色化は、天然の木の特性・魅力としてお楽しみいただければと思います。

 

デッキ材としてはどっちがいいの?

デッキ材は、目的と好みでお選びいただければと思います。
大まかな特徴は下記です。

木のぬくもりを感じるのは天然木。無垢なので様々な加工(曲線にしたり材を好きな部分で切ったり等)のデッキが施工可能。
ただしどの樹種も色は銀色化する(銀色化は保護塗料等で多少遅らせることができるが定期的に塗料のメンテナンスが必要。※銀色化で耐久性は落ちません)。

当初の色が残せるのは人工木。ただし無垢ではなく中空の材なので施工できる形に多少制限がある。
また、樹脂と混ぜて作成された材なので、夏は熱く(使用時は靴を履き、水を撒く等してください)、冬は静電気が起こる可能性がある。